アメリカ・イギリスからの個人輸入代行,転送サービス,ebayオークション代行【USA-GET】
申し込み手続き
 
サービス案内
業者サポート
ショップ個人輸入代行サービス
商品転送サービス
ebayオークション代行サービス
 
見積について
国際送料の目安
 
TOP  >  日記  >  KoiOkubo  >  役に立たない情報  >  英単語は難しいと簡単で、簡単だと難しい!

KoiOkubo さんの日記

 
2017
3月 17
(金)
05:02
英単語は難しいと簡単で、簡単だと難しい!
本文
中学校の英語で最初に習い始める簡単な動詞に前置詞などがついた熟語を習います。 Give up=あきらめる, turn out=になる look for= 探すな。。。どです。 確か昔はそれらを熟語と教わった記憶がありますが今は句動詞、熟語動詞とかPhrasal Verbという立派な名前をがつけられているようです。

英語のネーティブの人が、この外国人(我々)は英語にどのくらい慣れているかは、知るつもりはなくても句動詞を使って喋るかで自然に分かるんだそうです。

しかし、困ったことにこういう簡単な言葉の組み合わせは、会話などえで出てきても我々の耳には右の耳から左の耳を素通りしてしまうのです。文字で読んでもなんと意味がわかるので通り過ごしてしまいしますので、ヒアリングの力を向上させないといつまでたっても句動詞のレパートリが増えません。

日本の人は教養のある人が多くて、英語でもつい洗練された難しい動詞を使うことが多いようです。例を挙げれば探すLook for = search, 見つけるfind out=discover, 埋め合わせmake up for-compensate, 探すlook into=investigate、減少する=Drop off-decline、Keep up with=Maintainなどです。

という具合ですが単純動詞は使うのには便利でも聞く方には時には堅苦しく不自然に聞こえるのかもしれません。

英語に膨大な数の句動詞があり、英語の辞書でput, turn, make, look, go、pull などを引いてみてくさい。何ページにも渡り沢山の句動詞がならんでいます。でそのような熟語動詞を一覧表にしたWebsiteもあるのそうですがそんなサイトにある動詞を丸暗記をするわけにもいかないので (それにあまり使われない句動詞も多いらしい)、リスニング力と記憶力を向上させて一つ一つ経験を通して地道に記憶して他方法はなさそうです。

英語を習い始めたころ、ある英語の達人が動詞は18とか20基本的なのを知っていれば世の中の事象はすべて表現できると豪語していました。。それを聞き、しめた!たった18覚えればいいなら簡単じゃん!と思ったものですが、簡単な単語ほど本当に曲者で、苦労する事が後になって分かった次第です。
閲覧(1497)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。