アメリカ・イギリスからの個人輸入代行,転送サービス,ebayオークション代行【USA-GET】
申し込み手続き
 
サービス案内
業者サポート
ショップ個人輸入代行サービス
商品転送サービス
ebayオークション代行サービス
 
見積について
国際送料の目安
 
TOP  >  日記  >  KoiOkubo  >  役に立たない情報  >  アメリカ式 口内炎民間治療法

KoiOkubo さんの日記

 
2017
4月 14
(金)
00:44
アメリカ式 口内炎民間治療法
本文

だれでも経験があり、あの痛さを知ってる口内炎。
医学的にはいまだに原因不明だそうです。
月に人間を送れるこの時代に、たかがちっぽけな口内炎が原因がわからないとは。。。。

英語では正式名Apthous Stomatitis(アフタ性口内炎)とか
普通は Canker Sore=カンカソー(日本的な発音なので感化創とでも当て字が
出来そうです)。

概ね2週間くらいで自然に治るのですが悪い病気の前兆もあるのでその時はお医者さんに行くべきだそうです。また、これから書く民間療法には荒っぽいのもありますので。試すときには自己責任でお願いします。

まず日本におきましては。
梅干の肉をはる=日本古来伝統流、
塩を塗りこむ=ワイルド流、
自分で嚙み切る=自虐流、
こまめにうがいをする=ガッテン流

などがあります。

それではアメリカ式民間療法と言えば:-
**カモマイルなどのTeabagを湿らせてしばらくあてる(紅茶でも効く)
**ココナツオイル、クローブオイル、Honeyなど すり込み
**唐辛子のクリーム(Cayenne)痛!かえって悪くなりそうです。
**Sauerkraut(ドイツ風の酢キャベツ)を押し付けておく。まずそ!
**Aloe gel 色なし混ざりけのなしのアロエエキスを塗る
**ヨーグルトを沢山食べる:良いばい菌(Living Culture)で口内バクテリアとのバランスをとる)
**塩水、Baking Soda、Hydrogen Peroxide(日本名オキシフル、オキシドール)を薄めてうがいをする。
**Vitamin Eのカプセルを開けて中身を塗る
**潰瘍が出来そうな兆候があればL-Lysine、Vitamin B系を大目にとる。リシン酸とアルギン酸というアミノ酸のバランスが悪くなると、口内炎のバクテリアだったかウィルスだったが活発になり悪さをするとか。そういう意味ではアルギン酸を沢山含んだ三悪の食べ物:チョコレート、ナッツ、そしてゼリーだそうです。

**最近ChicagoのLocal新聞 Tribuneで耳よりな記事を目にしました。スライスして皮をむいたKiwi Fruitsを1-2分潰瘍部にあてる(そしてそのまま食べていい)。これにて、あら不思議1-2時間で痛みが減っていきその後快方に向かうそうです。翌日もしつこく痛い炎症にはもう1度これを繰り返してもいい。なんでもキウイフルーツにはタンパク質を溶解する酵素が含まれているので、それと関連があることは確かですがメカニズムはよくわかってないそうです。そのような酵素はパイナップル、スイカ、メロンなどにも含まれてるそうです。ちなみにこれらのフルーツをを食べると喉の当たりが溶解するのかいがらっぽくなることがあります。日本ではキウイ―フルーツはむしろ口内炎を誘引すると真逆の事を言われていますのでご注意を。それではご自分で最もガッテンできる治療法をお試しください。


閲覧(1829)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。