アメリカ・イギリスからの個人輸入代行,転送サービス,ebayオークション代行【USA-GET】
申し込み手続き
 
サービス案内
業者サポート
ショップ個人輸入代行サービス
商品転送サービス
ebayオークション代行サービス
 
見積について
国際送料の目安
 
TOP  >  日記  >  KoiOkubo  >  役に立たない情報  >  I have my dibs on it…..雪の中の路上駐車事情

KoiOkubo さんの日記

 
2018
3月 20
(火)
04:20
I have my dibs on it…..雪の中の路上駐車事情
本文
長い冬が終わってあと2日で春分の日、春の始まりです。
シカゴは決して豪雪地帯ではありませんがやはり冬の期間は雪景色です。
私の住むChicago郊外では駐車場は十分にあるのですがシカゴの市内に行くと大雪の時は皆さま路上駐車のスペース獲得には大変苦労するようです。

シカゴで雪が降ると路上駐車のスペースが足りない区域では
自分が雪かきをしてきれいにしたスペースには自分の車を停める権利があるようです。そして車を出したあとには、古い椅子を二つ置いて長い板を渡したり、バケツを置いたりなんでもいいのですが俺の場所だとよと示すのです。

このような椅子などをDibs (権利)と言います。

日本語で言えば唾をつけるという訳がピッタリかと。
それで、椅子やぬいぐるみをそこに置いてあってもぽいと放り投げて
車を停めればいいのですが、ところがそんなことをしたら
怒ったDibsの所有者に車を悪戯されるのではないかと心配だから普通はDibsの存在ををリスペクトするそうです。でも椅子などをを放り投げて駐車した人がすぐに立ち去ったとしてその後になにも知らずに駐車する人ということもあるので
他人事ながら心配ではあります。

シカゴの市役所ではDibs方式そのものは黙認しているようです。
道路がある程度きれいになるわけで悪い話ではない。
道路から雪が溶けるな時期には、いついつまでにDibはかたずけないと市の清掃車が処分しますよ! TVやラジオで発表されるのです。

閲覧(1375)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。