アメリカ・イギリスからの個人輸入代行,転送サービス,ebayオークション代行【USA-GET】
申し込み手続き
 
サービス案内
業者サポート
ショップ個人輸入代行サービス
商品転送サービス
ebayオークション代行サービス
 
見積について
国際送料の目安
 
TOP  >  日記  >  KoiOkubo  >  役に立たない情報  >  Queen Anne’s Lace(野良人参) Helmlock (毒人参)にまつわる話

KoiOkubo さんの日記

 
2019
7月 19
(金)
04:57
Queen Anne’s Lace(野良人参) Helmlock (毒人参)にまつわる話
本文
Queen Anne’s Lace(野良人参又はワイルドキャロット)アメリカ中西部の7-8月ごろになると荒れ地や水辺に咲き乱れる花です。あまり花壇では見かけないので雑草とみなされるようです。
名前の如くレースのような白いですが真ん中に小さな赤い花が咲いています。
私はなんでいつもハエが花の真ん中にいるのかと思った。。。。ほど小さな花です。レース作りの名人だったアン女王が針で指を刺してしまい垂れた一滴の血なんだそうです。

人参の原種なので食べられるけどとくに美味しくないようです。

なによりも、猛毒の毒人参(Hemlock)と似ているので素人は食べない方がいいといわれています。毒人参は葉っぱを5枚食べたら致死量でこの時代に解毒剤もない代物です。古代ギリシャの哲学者ソクラテスは裁判にかけられて毒人参のエキスで死刑になったそうです。このためHemlockの下の方は茎が赤くて赤い斑点があるのですが、ソクラテスの血と呼ばれていてこの血痕がQueen Anne’s Lace との違いを見極める助けになります。

19世紀のはじめリンカーン大統領が幼少のころお母さんが牛乳を飲んで亡くなったそうです。当時アメリカ中西部で沢山の人が牛のミルクを飲んで死亡したがどうしても原因がわからずMilky病と呼ばれていた。ある医師がこれは牛の食べる草に関係があるのではないかと毒草的(?)な推理をしてHemlockを大量に食べた牛が原因だったことを突き止めたそうです。乾かしたHemlockの毒性は弱いから牛は死ななかったが、ミルクには人間には致命的な毒性が蓄積されていたのでしょう。
閲覧(11333)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アクセス数
2264362 / 日記全体
RSS配信
KoiOkubo さんの日記