アメリカ・イギリスからの個人輸入代行,転送サービス,ebayオークション代行【USA-GET】
申し込み手続き
 
サービス案内
業者サポート
ショップ個人輸入代行サービス
商品転送サービス
ebayオークション代行サービス
 
見積について
国際送料の目安
 
TOP  >  日記  >  KoiOkubo  >  役に立たない情報  >  歯医者さんにビール瓶の王冠を歯で開けてはいけないと注意されました。

KoiOkubo さんの日記

 
2015
1月 5
(月)
02:08
歯医者さんにビール瓶の王冠を歯で開けてはいけないと注意されました。
本文
先日歯医者さんに(正確には歯科衛生士です)、歯をがりがりやりながら
前回来たときからなにか体調に変化はあるか、毎日ちゃんと歯を磨いているか、
フロスも忘れてないかそして、ビールのCapを歯で開けてないか?
と聞かれました。こちらは、口をあけていますがらフガフガと笑う他ありませんでしたが
彼女が言うにはビールの王冠の質問に対する Standard Answer (つまり紋切り型返事)は Not Anymore、
(もうやっててないよ!)だそうです。つまり一度のJokeで2度笑えるわけです。

Not Anymoreは文法的には部分否定、婉曲回答に分類されてるのでしょうか、なかなか使い道のある優れもの表現
ではないかと思いました。繁華街で歩いていてお金をせびられて小銭の持ち合わせがなければ、Not Todayと言いSorry。
とでも付け加えれば身も安全でしょう。ランチに誘われても一緒行きたくない人ならば、Not this time とかNot today.とか
いえば角も立てないで済むというもんです。他に Not really(そんなでもないよ) Not now (今は駄目!),
Not necessarily (必ずしもそうじゃなかとです),Not too bad(悪くないねが転じていいじゃん)
Not much(それほど沢山ではないよ)Not me (私にそれはないね)
Not Exactly (ちょっと違うんだな)
とかいろいろあります。

例えばCoffee ShopなどではカップにServerがどんどんコーヒー継ぎ足してくれるのですが、折角甘さとクリームのバランスが
取れているので、NOなんていって手でカップをカバーして断ったりする人がいますがこんなことをしたら。
ウェイターやウェイトレスは2度と継ぎ足しに来てくれないと思います。Not now、Thank youとでもいえば
もう一度テーブルに見回りに来たときに声をかけてくれるかもしれません。

手で開けられるようなった王冠が発明されたのは1960年代、その頃のTV Commercialの傑作に紳士がビール瓶を片手にでてきて、こうやって手で開けられるから本当に便利になりましたよ。。。と言い高笑いするのですが、その人の歯が一本もないと来ています。(Real TimeでこのCMを見たことがあるわけではありませんが。)

もう一つは、ビールのそばで若者が一人腰をひねって踊っているのでなにしているのと思うと? 
王冠がクローズアップされ Twist- to- Open(ひねって開ける)と書いてあります。 
この若者(ばか者かも)は蓋を開けようとそばでTwistを踊っていたという落ちです。
どうもビールのCMはほろ酔い加減の人が理解できるように作られているかでしょう、ばかげた内容が多いです。

閲覧(6794)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アクセス数
2626478 / 日記全体
RSS配信
KoiOkubo さんの日記